大阪欄間は、17世紀初期に建立した大阪府内の聖神社(和泉市)や四天王寺(大阪市)などに伝統技法の発祥が見られる。屋久杉などの杢目(もくめ)を生かした絵画調の彫刻欄間、桐の肌と透かし模様が調和した透彫欄…
その起源は定かではないが、建築様式の発達に伴い、ほぼ15世紀頃には技法が確立したと推察され、現在のような産地は江戸中期に形成された。紫檀、黒檀等の唐木を素材とし、飾棚、茶棚を始め座敷机、花台などが主流…
大阪仏壇は、飛鳥時代、仏教の伝来とともに百済から難波津に仏工・造寺工が渡来したことに始まると言われており、16世紀後半に石山本願寺の仏具等がこの地で製造されたという記録も残っている。特徴は、一部に高蒔…
江戸時代初期に刊行された「難波雀」及び「日本国花萬葉記」に大阪で錫器の製造販売が行われていたことが記されており、「商人買物独案内」(江戸時代末期刊行)には、錫器製造所の名が記されているとともに、鋳込み…
17世紀前半、中国から長崎へ伝えられたと言われる加工技術が、その後なにわ、江戸にも伝えられた。タイマイの甲羅を素材とし、透し彫技法など優れた彫刻技術によって装身具や置物等が生まれた。また近代的センスを…
15世紀前半、中国から琉球を経て大阪へ伝来したものとみられ、その後改良が重ねられ、江戸時代初期には、その音色は庶民に広く愛好されるようになった。文楽、歌舞伎をはじめ、多くの日本の伝統芸能の中核をなす楽…
奈良時代に、シルクロードを経てわが国に伝えられたトンボ玉は、平安時代に一度途絶えるが、再び江戸時代に伝えられたと言われている。 藤村トンボ玉工房では江戸時代と同じ、伝統的な技法を用い、現在も色ガラス…
16世紀初め、「南蛮絞り」(銅から銀を絞り出す技術)という銅精錬技術の発達により一万人以上の職人が大阪で活躍し、江戸時代には、全国の産銅は「大阪銅座」に集められ、銅製品生産の中心地として栄えた。銅製品…
約2000年前、深江地区(大阪市東成区)に繁茂する良質の菅を求めて大和から移住し、笠などの細工物を作ったのが始まりと言われている。 近世になって、お伊勢参りの道中安全を祈って菅笠を買い求める習慣があ…
その起源はさだかではないが、奈良時代に、雅楽とともに中国から伝来したと言われている。 現在の大阪市浪速区は、江戸時代には、多くの太鼓職人が集まり、全国有数の太鼓づくりの地として、活況を呈したと言われ…